SSブログ

軽井沢タリアセン・ 薔薇編 [風景・花・旅・アート]

軽井沢千住博美術館から徒歩で「軽井沢タリアセン」へ。10数年ぶりの訪問です。

20240617タリアセン1.jpg20240617タリアセン2.jpg

タリアセンというのは6世紀ウェールズに秩序と繁栄をもたらした伝説の吟遊詩人の
名前とのこと。塩沢湖を中心とした自然、移築・保存された明治~昭和初期の建物と
文学・美術関連の企画展、各種アクティビティが楽しめる多機能施設となっています。

20240617タリアセン3.jpg20240617タリアセン4.jpg
・・と言っても広々とした敷地に人はまばらでとても静か。気持ちよく散策できます。
20240617タリアセン6.jpg20240617タリアセン7.jpg
タリアセンの一角にある、野趣に富んだ「イングリッシュローズ・ガーデン」。
20240617タリアセン薔薇21.jpg20240617タリアセン薔薇10.jpg
20240617タリアセン薔薇14.jpg20240617タリアセン薔薇15.jpg
イングリッシュローズは、イギリスの育種家がモダンローズとオールドローズの長所を
掛け合わせて作った比較的新しい薔薇の総称で、豊かな芳香や四季咲きが特徴です。

20240617タリアセン薔薇18.jpg20240617タリアセン薔薇9.jpg20240617タリアセン薔薇16.jpg20240617タリアセン薔薇1.jpg

見頃は6月中旬~7月初旬とのこと。この日(6/17)は満開。約200種1800株
の薔薇が咲き乱れています。マスクを少し外して馥郁とした香りを楽しみました。

20240617タリアセン薔薇13.jpg20240617タリアセン薔薇19.jpg

20240617タリアセン薔薇6.jpg20240617タリアセン薔薇11.jpg20240617タリアセン薔薇8.jpg20240617タリアセン薔薇5.jpg

20240617タリアセン薔薇2.jpg20240617タリアセン薔薇7.jpg

薔薇の時期には園内にある「睡鳩荘(旧朝吹山荘)」に、ルドューテ(フランスの
宮廷画家で薔薇の画家と呼ばれた)の「薔薇図譜」から約30点が展示されています。

20240617タリアセン睡鳩荘4.jpg20240617タリアセン睡鳩荘2.jpg

昭和6年に朝吹家の別荘として建てられた「睡鳩荘(すいきゅうそう)」はW・M
・ヴォーリズの設計。長女の朝吹登水子さん(サガンの翻訳で知られる仏文学者)
が戦前・戦後を通じて夏に長期滞在されていました。(旧軽井沢から移築)
20240617タリアセン睡鳩荘1.jpg
20240617タリアセン睡鳩荘7.jpg
スタジオジブリの映画「思い出のマーニー」に登場する館のイメージスケッチ
の原型にもなったそうで、第1回「軽井沢緑の景観特別賞」も受賞しています。
20240617タリアセン睡鳩荘5.jpg
別荘として使われていた当時の貴重な家具・調度品が良好な状態で保存されて
おり、優雅な暮らしの一端を窺い知ることができます。(国の有形登録文化財)
20240617タリアセン睡鳩荘3.jpg
                          (つづく)

nice!(26) 

nice! 26