SSブログ
本・映画・その他 ブログトップ
前の10件 | -

2024年4~7月に読んだ本 [本・映画・その他]

転送30.JPG転送32.JPG

[右斜め上]6月に撮った紫陽花。今年は干からびるのが早かったですねえ[もうやだ~(悲しい顔)]

感想もない手抜きの記録と個人的な好みによるアバウトな評価ですがお許しを~。

(星4つ=衝撃的だった・とても良かった 星3つ=普通に面白かった 星2つ=

 期待と若干違っていた。・・とはいえ、どれも興味深く読ませて頂きました。)


★★★★「ストーナー」ジョン・ウィリアムズ (訳・東江一紀)

★★★★「東京都同情塔」九段理江

★★★★「超人ナイチンゲール(シリーズケアをひらく)」栗原康

★★★★「百年の子」古内一絵

★★★★「証言・満州キリスト教開拓村 国策移民迎合の果てに」石浜みかる

★★★★「潜水鐘に乗って」ルーシー・ウッド(訳・木下淳子)

★★★★「ちいさな花言葉・花図鑑〈野の花・道の花編〉」佐々木知幸

★★★★「夜行」森美登美彦

★★★★「ヨーロッパの装飾と文様」海野弘

 ★★★「散歩で見かける街路樹・公園樹・庭木図鑑 改訂版」葛西愛

 ★★★「カーテンコール」筒井康隆

 ★★★「リラの花咲くけものみち」藤岡陽子

 ★★★「父から娘への7つのおどぎ話」アマンダ・ブロック(訳・吉沢康子)

 ★★★「しずくの首飾り」ジョーン・エイキン(児童文学です)

 ★★★「トコトンやさしい土木施工の本」溝渕利明

 ★★★「宇宙ビジネスの衝撃

      ー21世紀の黄金をめぐる新時代のゴールドラッシュ」大貫美鈴

 ★★★「コンビニ兄弟ーテンダネス門司港こがね村店ー3」町田そのこ

 ★★★「遠い山なみの光」カズオ・イシグロ(まだ読みかけです)

  ★★「夜想曲集ー音楽と夕暮れをめぐる五つの物語」カズオ・イシグロ

  ★★「赤羽モンマルトル」司修

 番外編:絵本「かいじゅうたちのいるところ」モーリス・センダック

     絵本「野球しようぜ!大谷翔平ものがたり」とりごえこうじ

     漫画「黒猫ろんと暮らしたら」AKR

     雑誌「芸術新潮2024・5」キリコ展、ブランクーシ展、水色の家

       (世田谷の旧尾崎邸)の特集記事があったので記念に購入。


ストーナー

ストーナー

  • 出版社/メーカー: 作品社
  • 発売日: 2014/09/28
  • メディア: 単行本
東京都同情塔

東京都同情塔

  • 作者: 九段理江
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2024/01/17
  • メディア: Kindle版
潜水鐘に乗って

潜水鐘に乗って

  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2023/12/18
  • メディア: 単行本

ちいさな花言葉・花図鑑 <野の花・道の花編>

ちいさな花言葉・花図鑑 <野の花・道の花編>

  • 出版社/メーカー: U-CAN
  • 発売日: 2021/11/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

nice!(22)  コメント(2) 

最近見た旧作映画など [本・映画・その他]

24041304.jpg24041305.jpg

4/13の葉桜と乱れ放題の庭。今日(4/19)は暴風が吹き荒れています。

24041302.jpg24041303.jpg24041306.jpg24041308.jpg

録画した映画(BSプレミアムシネマが中心)を久しぶりに鑑賞しました。

以下は2~4月に見た旧作映画の覚書


nice!(31)  コメント(3) 

2024年1~3月に読んだ本 [本・映画・その他]

030107.jpg030102.jpg
まだ寒かったり風の強い日もありますね。比較的穏やかで暖かかった日の公園の様子。
030110.jpg030108.jpg
今年になってから読んだ本を、まとめて上げてしまいました。長くてスミマセン。

                ♡

「夢の扉 マルセル・シュオッブ名作名訳集」(上田敏・種村季弘・渡辺一夫他訳)

   1905年に37歳で亡くなったシュオッブの短編を収めた国書刊行会の美麗

   装丁本。澁澤龍彦「鳥と少女」の元ネタ「パオロ・ウッチェロ」を同氏の

   抄訳と渡辺一夫氏の翻訳で読めます。ジョルジュ・バルビエの挿絵付き。


「タイタンの妖女 新装版」カート・ヴォネガット・ジュニア 朝倉久志・訳

   SFの古典的作品を今頃読む。太田光さんの事務所名の由来になった本だけ

   あって奇想天外、空前絶後、面白すぎる~!「スローターハウス5」にも

   驚愕しましたが、どちらも最高。この人の本、もっと読みたいです。


「保護ねこ活動ねこかつ!ーずっとのおおうちが救えるいのちー」高橋うらら

   子供向けの本ですが、バックヤードの大変さがわかり、頭が下がります。

以下に続きます。長いです・・。


nice!(38)  コメント(6) 

服部良一~King Gnu [本・映画・その他]

最近購入してしまった中古CDあれこれ。

朝ドラ「ブギウギ」で話題になっている服部メロディーを、ジャンルを

越えた豪華なアーティストと新しいアレンジで聴く。(2009年発売)

小田和正や松浦亜弥&日野皓正の登場には、ちょっと驚きました。
個人的には「白バラの歌」と「昭和モダン」が良かったかな。    

服部良一~生誕100周年記念トリビュート・アルバム~

服部良一~生誕100周年記念トリビュート

・アルバム~

  • 出版社/メーカー: UNIVERSAL MUSIC K.K(P)(M)
  • 発売日: 2009/03/25
  • メディア: CD
東京ブギウギ(福山雅治)/胸の振り子(井上陽水)/買い物ブギ(関ジャニ∞)/
銀座カンカン娘(ゴスペラーズ)/午前二時のブルース(小林桂)/白バラの歌
~White Rose~(ヘイリー)/青い山脈(東京スカパラダイスオーケストラ)/一杯のコー
ヒーから(さだまさし)/ブギウギメドレー(レ・フレール)/東京の屋根の下
(一青窈)/※昭和モダン(山崎まさよし)/アデュー上海(佐藤しのぶ)/
ラッパと娘(松浦亜弥・日野皓正)/別れのブルース(徳永英明)/
※※シアワセノカタチ(布施明・森山良子)/蘇州夜曲(小田和正)
(※は服部克久、※※は服部隆之作曲。他は服部良一作曲、克久or隆之編曲。) 

             

                                     
                                                                    
中学の頃好きだったシカゴの曲(「愛ある別れ」等)を久々に聞きたくなり、
つい。懐かしいなあ。心にしみます。こういうバンド、今あまりないかも。。
シカゴ・ストーリー~グレイテスト・ヒッツ<ヨウガクベスト1300 SHM-CD>

シカゴ・ストーリー~グレイテスト・ヒッツ

<ヨウガクベスト1300 SHM-CD>

  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2017/05/31
  • メディア: CD
                    
                                                  
1月に大江健三郎さんの著書を読みつつ、息子の光くんの曲を聴く。
光くんは言葉以上に音楽によって繊細で豊かな自己表現をされる方。
知人へのお悔みやなぐさめの気持ちが込められた曲もあるのですね。
光くんやご家族に幸多かれと願わずにはいられません。会話のできな
いの息子が小さい頃、悲しいと歌う曲があったことを思い出しました。

新しい大江光

新しい大江光

  • 出版社/メーカー: 日本コロムビア
  • 発売日: 1998/05/21
  • メディア: CD
    
  
     
                                                                   
昔を懐かしんでばかりでもアレなので、最近の人のにも手を出してみる。
タイアップ曲も多く聞き応えあり。「あーと1♪」(←1歩が正しい)
の鼻歌がとまらなくなります。勢いがあってカッコイイので人気がある
のも頷けますが、タイトルや歌詞カードの文字が小さすぎて読めない!

 

この下は、恒例の季節ものあれこれ。


nice!(40)  コメント(4) 

良いお年を。 [本・映画・その他]

載せられずに放置していた、割とどうでもいい画像あれこれ(^^)。

23121702.jpg23121703.jpg

12月初旬の公園。今年の紅葉は、鮮やかさがいまひとつでした。

23120904.jpg23120903.jpg

池に反射した光が映る四阿の天井と、歩道の溝にはまったドングリ。

23120905.jpg23120906.jpg

川沿いはこんな感じで、地味に賑わっていました。[わーい(嬉しい顔)]

23121705.jpg23121706.jpg

23121708.jpg23121707.jpg

いつのまにかカラフルになっていた、東武野田線(アーバンパークライン)の岩槻駅。

23120128.jpg23120131.jpg

12月に読んだ本&これから読む本や雑誌


nice!(42) 

翔んで埼玉~琵琶湖より愛をこめて [本・映画・その他]

翔んで埼玉 ~琵琶湖より愛をこめて~

予想に反して大ヒットしてしまった映画「翔んで埼玉」の続編、
「翔んで埼玉~琵琶湖より愛をこめて」を春日部で鑑賞しました。
今回も時代考証無視の馬鹿馬鹿しい展開、宝塚風の衣装とポーズで
美形な面々が大真面目にギャグをかまし、地元愛を呼び起こします。
ディスり合戦は関西にも飛び火してスケールアップ。「今度はうち
でも愛あるディスりをしてほしい」と名乗り出る県も現れたとか[がく~(落胆した顔)]
23120909.jpg  

ネタバレ注意です。


nice!(36)  コメント(12) 

最近読んだ本(2023.10~11月) [本・映画・その他]

112501.jpg112504.jpg

10~11月に読んだ本は読み始めたら止まらない、面白くて考え

させられるものばかり。本が読める待ち時間の充実度は120%でした。

112507.jpg112505.jpg              

「青い壺」有吉佐和子
「夜空に泳ぐチョコレートグラミー」町田その子
「ピュア」小野美由紀
「恋の幽霊」町田良平
「流浪の月」凪良ゆう
「草木とともにー牧野富太郎自伝ー」牧野富太郎
「差別と資本主義ーレイシズム、キャンセルカルチャー、ジェンダー、
 不平等ー」トマ・ピケティ/ロール・ミュラ/セシル・アルデュイ他
「数学を愛した作家たち」片野善一郎
「失踪願望。コロナふらふら格闘編」「遺言未満、」椎名誠
「老人初心者の覚悟」阿川佐和子
「認知症の人の心に届く声のかけ方、接し方」高口光子
「認知症の私から見える社会」丹野智文
「時をかけるゆとり」朝井リョウ
「クララとお日さま」カズオ・イシグロ (読みかけです)
写真集「猫の恋」「こねこ」岩合光昭
絵 本「ホテル」「ハートランド」「LONG NIGHT」他多数 黒井健
漫 画「坂本ですが?(1)~(4)」佐野菜見(ご冥福を祈ります)
坂本ですが? 1 (HARTA COMIX)

坂本ですが? 1 (HARTA COMIX)

  • 作者: 佐野 菜見
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2013/09/20
  • メディア: Kindle版

112506.jpg112508.jpg

この後はさいたま国際芸術祭2023について・・。


nice!(35)  コメント(14) 

最近読んだ本(2023・9月~) [本・映画・その他]

先日の横尾龍彦展に展示されていた、「メルヘンの部屋11 誕生石」という本が忘

れられず、古書店サイトを検索。1100円で出ていたので、購入してしまいました。

093001.jpg093003.jpg

続きを読む


nice!(26)  コメント(4) 

最近読んだ本(2023.6~7月) [本・映画・その他]

あまりの暑さに外出の機会は減りました。読み散らかした本の一覧を

書き出してみたものの、感想をまとめる気力もなく・・。[ふらふら] 何故か

やたらと昔の作品が多くなってしまいました。

 ①「内田百閒集成3 冥土」内田百閒

 ②「石垣りん 詩集」(ハルキ文庫)石垣りん

 ③「湯葉・隅田川・丸ノ内八号館」(講談社文庫)芝木好子            

   ④「気象災害を科学する」三隅良平

 ⑤「天気と海の関係についてわかっているといないこと」筆保弘徳・編

 ⑥「マチスのみかた」猪熊弦一郎 

 ⑦「建築文学 傑作選」青木淳・選(須賀敦子/開高健/筒井康隆 他)

 ⑧「行き先はいつも名著が教えてくれる」秋満吉彦

   ⑨「コンビニ兄弟2 テンダネス門司港こがね村店」町田そのこ

 ⑩「猫を助ける仕事ー保護猫カフェ、猫付きシェアハウスー」山本葉子

 ⑪「文芸埼玉 第109号」(Tちゃん、受賞おめでとう!)

   ⑫「放浪記(名作旅訳文庫)」林芙美子

 ⑬「宝石・鉱物手帳 神秘の石の世界をのぞいてみよう」地質情報整備・活用機構

 ⑭「仮面物語ー或いは鏡の王国の記ー」山尾悠子 (←読み始めたばかりです。

 

湯葉・隅田川・丸の内八号館 (講談社文庫)

湯葉・隅田川・丸の内八号館 (講談社文庫)

  • 作者: 芝木好子
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2020/02/14
  • メディア: Kindle版

行く先はいつも名著が教えてくれる

行く先はいつも名著が教えてくれる

  • 作者: 秋満 吉彦
  • 出版社/メーカー: 日本実業出版社
  • 発売日: 2019/02/07
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


続きを読む


nice!(33)  コメント(4) 

梅雨のひとこま [本・映画・その他]

公民館の紫陽花がまだ咲いていたので、フラフラと鑑賞。(6/10)

061002.jpg061003.jpg

見とれてしまい、つい本来の目的(送迎)を忘れそうになりました。

ぼ~っとするのも梅雨らしい現象だと思うのですが、どうでしょう。

061006.jpg061004.jpg

「ひとこま」は漢字で書くと「一齣」。二階建てに二人ずつ収まって笑っ

ている様な形の齒(歯)偏には「齟齬(そご)」「齲(むしば)」などの

難しい字が並びます。検診で使われる「う歯」は「齲歯」と書くのですね。

060101.jpg061005.jpg

               ※

TVで見た旧作映画のことなど。


nice!(35)  コメント(6) 
前の10件 | - 本・映画・その他 ブログトップ