SSブログ

服部良一~King Gnu [本・映画・その他]

最近購入してしまった中古CDあれこれ。

朝ドラ「ブギウギ」で話題になっている服部メロディーを、ジャンルを

越えた豪華なアーティストと新しいアレンジで聴く。(2009年発売)

小田和正や松浦亜弥&日野皓正の登場には、ちょっと驚きました。
個人的には「白バラの歌」と「昭和モダン」が良かったかな。    

服部良一~生誕100周年記念トリビュート・アルバム~

服部良一~生誕100周年記念トリビュート

・アルバム~

  • 出版社/メーカー: UNIVERSAL MUSIC K.K(P)(M)
  • 発売日: 2009/03/25
  • メディア: CD
東京ブギウギ(福山雅治)/胸の振り子(井上陽水)/買い物ブギ(関ジャニ∞)/
銀座カンカン娘(ゴスペラーズ)/午前二時のブルース(小林桂)/白バラの歌
~White Rose~(ヘイリー)/青い山脈(東京スカパラダイスオーケストラ)/一杯のコー
ヒーから(さだまさし)/ブギウギメドレー(レ・フレール)/東京の屋根の下
(一青窈)/※昭和モダン(山崎まさよし)/アデュー上海(佐藤しのぶ)/
ラッパと娘(松浦亜弥・日野皓正)/別れのブルース(徳永英明)/
※※シアワセノカタチ(布施明・森山良子)/蘇州夜曲(小田和正)
(※は服部克久、※※は服部隆之作曲。他は服部良一作曲、克久or隆之編曲。) 

             

                                     
                                                                    
中学の頃好きだったシカゴの曲(「愛ある別れ」等)を久々に聞きたくなり、
つい。懐かしいなあ。心にしみます。こういうバンド、今あまりないかも。。
シカゴ・ストーリー~グレイテスト・ヒッツ<ヨウガクベスト1300 SHM-CD>

シカゴ・ストーリー~グレイテスト・ヒッツ

<ヨウガクベスト1300 SHM-CD>

  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2017/05/31
  • メディア: CD
                    
                                                  
1月に大江健三郎さんの著書を読みつつ、息子の光くんの曲を聴く。
光くんは言葉以上に音楽によって繊細で豊かな自己表現をされる方。
知人へのお悔みやなぐさめの気持ちが込められた曲もあるのですね。
光くんやご家族に幸多かれと願わずにはいられません。会話のできな
いの息子が小さい頃、悲しいと歌う曲があったことを思い出しました。

新しい大江光

新しい大江光

  • 出版社/メーカー: 日本コロムビア
  • 発売日: 1998/05/21
  • メディア: CD
    
  
     
                                                                   
昔を懐かしんでばかりでもアレなので、最近の人のにも手を出してみる。
タイアップ曲も多く聞き応えあり。「あーと1♪」(←1歩が正しい)
の鼻歌がとまらなくなります。勢いがあってカッコイイので人気がある
のも頷けますが、タイトルや歌詞カードの文字が小さすぎて読めない!

 

                ※

暖かくなってきたと思ったら、時折とんでもない暴風が・・。

「破れかぶれ」という感じの芭蕉の葉&エキゾチックな実と、
ほとんど散ってしまった中で風ニモマケズ咲いていたド根性梅。

030112.jpg030117.jpg
「そこら辺の草花」第二弾。←映画「翔んで埼玉」のセリフのパクリ
030101.jpg030103.jpg202412.jpg030104.jpg
1か月以上蕾のままの庭の薔薇が、ようやくほころんできました[グッド(上向き矢印)]
030115.jpg202406.jpg
もうすぐひなまつり。本屋さんや神社にも、ひな人形が所狭しと飾られていました。
030114.jpg030113.jpg

nice!(40)  コメント(4) 

nice! 40

コメント 4

Inatimy

雛飾り、色んなのがありますね。 綺麗な^^。
すっかりひな祭り、忘れてました・・・。
by Inatimy (2024-03-01 23:07) 

うりくま

>Inatimy 様
海外でひな祭りのようなものはあるのでしょうか。
私も祖母の代からの段飾りはしまったままで、ちらし
寿司を食べるだけ(^^;)。そういえば、雛あられ
や菱餅も買わなくなって久しいですね。。

by うりくま (2024-03-02 23:48) 

TaekoLovesParis

<本屋さんや神社にも、ひな人形が所狭しと飾られていました。>
→ お雛様を見る機会が多くてうらやましいです。今では作れないような手の込んだものもあるんでしょうね。右下の三人官と五人囃子の横並び、珍しい飾り方で面白い。三人官女がお囃子につられて御殿から出て来て並んだかのよう。
CD、シカゴのグレイテストヒッツ、これ、持ってました。「素直になれなくて」が好きでした。
by TaekoLovesParis (2024-03-05 09:43) 

うりくま

>TaekoLovesParis 様
よくわかりませんが面長の「享保雛」とか金髪ツケマの
「ギャル雛」などいろいろあるらしいです。神社に奉納
されるのは家庭で飾られなくなってしまったお雛様なの
でしょうけれど、再び晴れ舞台に立ててちょっと誇らし
そうに見えました。並べ方も工夫したのか適当なのか笑
<お囃子につられて・・なるほど楽しそうですね♡

シカゴ「素直になれなくて」も好きです。基本はハード
ロック漬けでしたが、時々バラードで耳休め?をしてい
ました。中古CDを求めるのは中高年の証?!100円
代で出ていたりすると、つい断捨離を忘れてしまいます。

by うりくま (2024-03-05 21:04) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。